シードスワブ

滅菌キャップ付綿棒と培地チューブ(ベンチュリータイプ)をセットにしたもの

検査項目 細菌検査など
使用方法 細菌試験に使用する検体(咽頭粘液・眼疾材料・淋疾材料・膣分泌物・膿等)を捲綿子(滅菌キャップ付綿棒)で採取し、培地チューブに入れて、そのまま提出してください。
保存方法 冷蔵
注意点 ・綿棒を強く押したり、過剰に折り曲げると基軸が折れる場合があるので、使用時に綿棒の基軸を折らないように注意してください。
・咽頭・膣等から直接採取する場合は、基軸を折損して患者を傷つけないよう十分注意してください。